東亜学院TOP > 日本語学校 > 日本語の世界

日本語の世界 了解日本

中国語で日本を語ります。日本語訳付きです。

PDF版はこちらからご覧いただけます。

 

*不愿意出门的年轻人                                                                                    

  当今年轻人最喜欢的事情是不是旅游观光?体育运动?消费购物?开车兜风?谈恋爱?都不是。好像是“在自己房间里悠悠闲闲过”。

 

  问“黄金周有什么打算?”这个问题时,很多年轻人都回答道:“在家里边看电视边好好休息”。作为年轻人,假如手里拿到一定的钱,过去大家纷纷就会“想买自己的汽车”“想去海外旅行”“想带女朋友去豪华餐厅用晚餐”“想跟情侣一起住在都市风格的豪华饭店”。如今年轻人不但不太积极地出门活动,反而喜欢一个人关在自己的房间,他们觉得这样才自由自在。

 

  那么年轻人不花钱?也不是。大量的钱都花在手机和便利店上。这两者对当今日本青年来说是不可或缺的东西。

 

  在20世纪,自己想实现的梦想只能等到自己亲手拿收入才着手,例如拥有自己的汽车、去海外旅行等。然而当今年轻人这些早就都体验过,光看这点也许可以说他们成长得快。但他们有一种倾向,不但愿意经受“调整欲望”“忍耐”“社交”等训练,而且不想走出自己自由自在的私人空间。有关分析这种现象的书籍也很畅销。我认为其原因之一确实是现在的中老年人或全体社会没担负起教育的责任。这中老年人他们年轻的时候,日本很像现在的中国,也就是说人人都迈进向前(钱)看。我真的不愿意看到中国也模仿日本走一样的道路。

 

〈日本語訳〉

「出不精の若者」

 最近の若者が一番好きなことは旅行でもスポーツでも買い物でもドライブでも、そして恋愛でもなく、「自分の部屋でのんびりすごす」ことらしい。

 

 ゴールデンウィークに何をするか尋ねても、多くの若者が「部屋でテレビでも見ながらゆっくり休みます」と答える。若者たるもの自由になるお金を手にしたら「車がほしい」「海外旅行したい」「彼女といっしょに贅沢なディナーを楽しみたい」「シティーホテルに恋人と一緒に泊まりたい」というのが少し前までの相場だった。しかし最近の若者はあまり活発な行動を好まず、部屋にこもって一人で自分勝手に過ごしたいというのだ。

 

 では若者はお金を使わないのか、というとそうではない。お金はケータイとコンビニで大量に使われる。若者にとってこの二つは絶対不可欠のアイテムだ。

 

 20世紀までは自分のしたいことは成人して自分の稼ぎを得てから初めてするケースがほとんどだった。自分の車に海外旅行等々。ところが今の若者はそんなことはすべて少年時代に経験済み、そういう意味では「早熟」だ。しかし「欲望の調整」や「我慢」、「他人との付き合い」などの訓練を嫌って自分勝手な空間から出るのを嫌がる傾向が強くなっているといわれる。こうした現象を分析する書籍なども巷にはあふれている。そしてこれらの一因には、きちんと教育してこなかった中高年層や社会の責任も確実にある。その中高年層たちが若者だったときの日本は、まさに今の中国と同じ、経済成長まっしぐらだったことを思うと、中国には同じ道を歩んでほしくないとただ祈ってやまない今日この頃だ。

 

 

*日本国内的“日语熱”                                                                                    
  

  这几年出现了这样一个社会现象,有关日语的修养型书籍受到读者追捧,日语知识问答电视节目也人气旺盛,称得上是在日本人中间兴起了一股股小小的“日语热”。这又是为什么呢?

 

   简而言之,其社会背景是,“日本人的日语变得有失水准了”。

 

  究其原因,复杂多样,亦可谓冰冻三尺非一日之寒。尽管难于用三言两语就讲得一明二白,我还是阐述一下自己的看法。

 

  首先,介绍一个反面的例子。随着社会环境的变化,日本人开始主张明确表达自己的意见,强调自己的权利,有什么想法先直接表达出来再说。本来出发点是好的,目的在于克服日本人固有的弱点,但结果好象适得其反。日本有句俗话,叫“谁声音大谁占便宜”。过去是贬意,多用于表达“太不象话,太不合理”的语境。现在倒好,常常用于表达“声音该大的时候就得大”的意思,也不再是贬意了。看来,世道真是有些变了。不可否认,最近的日本,不深思熟虑而开口闭口强调自我主张的人是越来越多了。

 

   再有就是,现在的人依赖性越来越强。自己不愿意下苦功夫学,就等着别人来教。而很多指导手册型书籍也因此大行其道。但如果自己没有问题意识,其实无济于事,读了也是白读。

 

  以年轻人为中心,“捣浆糊”成了时尚。随随便便糊弄过去,既无人指正,也无从反省。再从“乱用日语”到所谓的“日语热”,并以此为乐。 有人归咎于电脑和手机的文字处理程序的普及和信息泛滥,这当然也不可否认。但我认为,问题应该出自人的精神世界,根源在于对真理认识的瓦解。最近,一听到学日语的外国人讲一口“规范而美丽”的日语,作为日本人的我真有些无地自容。

 

〈日本語訳〉

「日本国内の『日本語ブーム』」

  ここ数年日本語に関する様々な教養書がブームになったり、日本語に関するクイズ番組が人気になったり、国内で日本人にとっての小さな「日本語ブーム」が次々に起こっている。それはなぜか。

 

 簡単に言うと、「日本人の日本語が乱れている」からである。

 原因は、いろいろな要素が複雑に絡み合いながら、また長年かけて形成されてきているのであり、明快に羅列することは難しいが、わたしの見解をここでいくつか述べてみたい。

 

 まず、逆説的であるが、時代の要請からか、今の日本人は、「意見をはっきり口に出して言い、権利をどんどん主張し、とりあえず、ストレートに言ってみる」というようになってきた。もともと日本人の弱い点を克服するための着想であるが、どうも正しい方向に向かっていないような気がする。「言ったもの勝ち」という言葉がある。本来これは「そういう事は見苦しい。不条理である」という文脈で使われるべきものが、今ではすっかり「その方が得をする」というニュアンスで使われることが多くなってきた。まことに世知辛い。とにかく今の日本人にはかなりの部分でよく考えもしないでまず口に出してしまう人が多くなったことが、日本語の乱れの一因になっている。  

 

 次に、人に教えてもらわない限り、自分から気をつけて学ぶようにしなくなってきた、という他力本願的な風潮の蔓延である。マニュアル本が大流行なのもそうした一側面である。自分に問題意識がなければいくら読んでも無駄だ。

 

 あと、若者を中心とした、「茶化す」ことの流行にも大きな原因があると思う。なんとなく適当にごまかすことで、指摘もされないし、反省もできない。だから「日本語の乱れ」→「日本語ブーム」を「楽しんでしまうだけ」なのである。パソコンや携帯電話のワープロの普及や、情報の氾濫などを多くの人は原因にあげ、それも確かに一理はあると思うが、根底にはもっと精神的な真理の崩れによる問題があるような気がする。時々日本語を学ぶ外国人の「美しい日本語」を聞いて、日本人として思わず恥ずかしくなることのある今日この頃だ。 

 

 

*日本的婚礼                                                                                      
  

  中国朋友的婚礼,我参加过的只有屈指可数的几次,但近来的婚礼基本上都会用摄象机拍摄下来,如果包括这些音像资料的话,那我就可自诩见识过大量中国结婚仪式了。中国的结婚仪式,我首先感到的是“比以前豪华气派多了”,同时也发现有很多与日本式婚礼的不同之处。下面我想介绍一下日式婚礼的几个特点。

 

   首先,日本人在准备婚礼的时候,会把所有的细节,包括时间都非常仔细地筹划好。婚礼无论是西洋基督教式的,还是日本神道式的,也不管你是无宗教信仰或是其他教派也都无所谓,虽说是“大姑娘上轿(=一头一回)”,但只要按照事先筹划好的去做,就可以了。换句话说,日式婚礼机械地进行,非常形式化。

 

  接下来招待亲友和同事的婚宴也是这样:有来宾致辞,有好友献歌,还有各种各样的节目穿插其间,最后由新娘朗读写给父母的感谢其养育之恩的信,并和新郎一起向父母献花。如此盛大的场面,却几乎是分秒不差按部就班地得以进行。当然,这都得益于事先周密的策划。另外,举办婚礼的场地都是按时间收费的,所有这一切都要非常周密地协调好才行。韩国研究日本学的权威李御宁博士非常形象地称之为“幕内便当型”,丰富多样的内容象装饭盒一般有条有理地填满有限的时间和空间。

 

〈日本語訳〉

「日本の結婚式」

  中国の友人の結婚式に実際に参列した経験はほんの数えるほどしかありませんが、最近はほとんどの結婚式をビデオ撮影するようで、それらを含めるとかなりのサンプルを見せていただきました。そしてまず思ったのは、「中国の結婚式も昔に比べたらずいぶん派手で豪華になったなぁ」ということですが、次に、日本との様々な違いにも気づかされました。今回は日本の結婚式についていくつかの特徴を紹介してみたいと思います。  

 

 まず、日本は何から何まで時間も含めて細かく決められています。キリスト教式にしても神道式にしても、無宗教や異宗派でも、初めての人にもマニュアル通りこなしていけばいいようになっています。(結婚式は普通「初めて」に決まっているのですが・・・)逆にいえば非常に機械的に形式的に進められていきます。  

 

 そして友人や職場の同僚、親戚などを招いた結婚披露パーティーも、来賓のスピーチあり、友人からの歌のプレゼントあり、いろいろな出し物があって、最後には新婦が両親にあてた感謝の手紙を読んで涙を流したり、新郎新婦から花束の贈呈があったり、と実にプログラムが盛りだくさんですが、ほぼ予定通りの時間で進められていきます。これも入念に打合せされた結果で、また、時間単位で料金も設定されているなど、すべてにおいて細かくコーディネートされています。韓国の日本学の権威、李御寧博士のいう「幕の内弁当型」そのもので、いろいろなものがすこしずつぎっしり詰め込まれていて、それでありながら秩序もきちんと保たれている、というわけです。

 

 

*今年的日本“情人节”                                                                                      
  

  大部分的外国人都知道,在日本2月14日情人节是女性送巧克力给自己喜欢的男性。可是在美国和中国却是男性给自己喜欢的女性送礼物,这样的事情可以说是对于日本人来说是常识在国外并非如此的一个好例子。

 

  原本目的是为了表达喜欢的男性,但实际情况大部分例子并非恋爱表白的目的,而是作为对上司或者前辈的一种礼貌送巧克力的人有很多,这样的巧克力叫做『义理巧克力』,一般都是100 日元到500日元左右的较便宜的巧克力,作为人际关系的润滑剂被广泛使用。可是,在今年这样的馈赠呈减少趋势。

 

  根据某有名报社的报道,今年的『义理巧克力』的数量减少,转而女性朋友之间相互赠送自己喜欢的口味的巧克力,『朋友巧克力』的销售量增加,或者为了慰劳自己,自己买了高级巧克力自己吃的人数也有大幅增加。更有些公司在公司内发布了『义理巧克力禁止令』 。反正情人节也不是日本的传统,其实我觉得怎么样都可以。

 

 〈日本語訳〉

「今どきの日本のバレンタインデー」

  2月14日バレンタインデー、日本では女性が好きな男性にチョコレートをプレゼントする、ということは多くの外国人も知っていると思います。アメリカや中国では男性から女性にプレゼントするとのこと、日本人にとっての常識が必ずしも外国ではそうではないという一つの好例ですね。

 

 本来は「好きな男性」というはずですが、周囲の人間関係の潤滑油として、恋愛感情ではなく一種の挨拶として先輩や上司にも「配りあるく」人もかなりいて、こうしたチョコレートを「義理チョコ」といい、100~500円程度のものが一般的に利用されています。ところが今年の傾向は少々異なっていました。

 

 ある大手新聞によれば、今年は「義理チョコ」の数を減らして、女性が女性の友だち同士で気に入った味のチョコレートを贈りあう「友チョコ」が増えたり、あるいは自分へのご褒美として高級なチョコレートを買って自分で食べる女性も増えたとか。また、ある会社では「義理チョコ禁止令」を社内に発令したとか。そもそもバレンタインデー自体が日本の伝統でもないのだからどうでもいいことですけれどね。

 

 

*日本孩子向往的職業                                                                                      

  根据调查,日本可乐丽公司公布了今年小学新生一年级的向往职业排行榜。(调查对象∶男孩2000女孩2000家长4000)前十位如下∶

  男孩∶1.运动员  2.警察  3.司机  4.消防士  5.工匠  6.漫画偶像(奥特曼、机器猫等)  7.飞机驾驶员  8.医生

     9.面包店・蛋糕店・糖果店的经营人  10.学者・科学家

  女孩∶1.面包店・蛋糕店・糖果店的经营人  2.花店的经营人  3.教师  4.护士  5.演艺人员等  6.幼儿园教师  7.运动员 

     8.医生  9.美容・理发师  10.芭蕾舞演员

 

  最近几年运动员越来越受到孩子们的欢迎。男孩较注重外表帅气并受人尊敬的形象,而女孩较注重穿漂亮制服并跟自己喜欢的事物有关的形象。

 

  同时该公司还公布了家长的“希望孩子从事的职业”的排行榜。家长们想让自己的孩子从事的职业均十分现实,前五位如下∶

  男孩∶1.公务员  2.运动员  3.医生     4.公司职员  5.工程师

    女孩∶1.护士   2.教师     3.幼儿园教师  4.公务员   5.医生

 

 〈日本語訳〉

「日本の子供の人気職業」

  今年新しく小学校に入学した新一年生の将来就きたい職業が、(株)クラレの調べでわかりました。(アンケート被験者:男子2000名、女子2000名、親4000名)ベスト10は以下の通り。

 男の子:1.スポーツ選手  2.警察官  3.運転士  4.消防士  5.職人  6.アニメキャラクター(ウルトラマン、ドラえもん等)

     7.パイロット  8.医師  9.パン・ケーキ・菓子屋  10.学者・科学者

 女の子:1.パン・ケーキ・菓子屋  2.花屋  3.先生  4.看護師  5.芸能人・タレント  6.保育士7.スポーツ選手  8.医師 

     9.美容・理容師  10.バレリーナ

 

 近年スポーツ選手の人気が非常に高くなっています。男の子の傾向はかっこよくて他人から尊敬されるイメージ、女の子の傾向は制服がきれいで自分の好きなものが扱えるイメージ。

 

 一方親が考える「子供に就かせたい職業」は以下の通り。いずれも現実的ですね。

 男の子:1.公務員  2.スポーツ選手 3.医師   4.会社員  5.エンジニア

 女の子:1.看護師  2.先生     3.保育士  4.公務員  5.医師

 

 

*马拉松热                                                                                          

  2月18日(周日)正好是大年初一,在东京轰轰烈烈地举办了“首届东京马拉松比赛”,来自世界各地54个国家共有1,500多名外国选手,包括日本内地的业余长跑爱好者及残疾参赛者在内共计30,870名选手参加了比赛。

 

  早上9点多从新宿都政府大楼前出发,经过皇宫外围、霞关政府机关地区、银座繁华街、浅草旅游区等有东京代表性的地区,最后到台场东京大展厅为止,这被定为这次马拉松比赛的整个赛道。具有代表性的日本传统的运动项目为日本“国技”,指的当然是相扑。但马拉松可以说是跟职业棒球一样深受人们欢迎的“大众运动项目”。每天早晚,特别是周末,到处都可以看到再进行跑步锻炼的男女老幼的业余长跑爱好者。有的工薪族,早上到了公司之后不是马上就开始工作,而是先去跑步,然后再去公司附近的公共浴池洗个澡后才去上班。光凭这点我们就能知道日本人喜爱马拉松的程度之高,已经达到了一种白热化的状态了。

 

 〈日本語訳〉

「マラソンブーム」

  2月18日(日)、旧正月のこの日、「第1回東京マラソン」が行われ、世界54の国・地域からきた1500余名の外国人参加者をはじめ、市民ランナー・車椅子参加者あわせて30,870名が参加しました。

 

 朝9時すぎに都庁前を出発し、皇居外堀、霞が関官庁街、銀座、浅草を経て台場の東京ビッグサイトがゴールでした。日本の代表的なスポーツを国技としていうならば「相撲」ということになりますが、マラソンはプロ野球と並んで人気の「国民スポーツ」といえるでしょう。毎日朝晩、特に週末にはあちらこちらで老若男女問わず多くの市民ランナーの姿を見ることができます。一部のサラリーマンには、会社に荷物を置いて早朝にまずジョギングをして、会社近所の銭湯で汗を流してから仕事にとりかかるという人もいます。これだけ見ても日本人がどのくらいマラソン好きかがわかりますね。

 

 

*2006年新生儿起名排行榜                                                                                      
  

  据明治生命保险公司调查,2006年出生的新生儿中,男孩、女孩分别名字起得最多的是“陆”和“阳菜”,其次是“大翔”和“美羽”。到去年为止,男孩的名字都以“海”字最为流行,而今年却正好相反变成“陆”了。女孩的名字最近几年没有什么太大的变化,但由于受到花样滑冰人气选手浅田的影响,“真央”排在第8位。

 

  参考∶2006年新生儿起名排行榜(前10位) 男孩>1陆 2大翔 3大辉/莲 5翼 6悠斗 7翔太 8海斗/空/优太/阳斗 女孩>1阳菜 2美羽 3美咲 4さくら 5爱/葵/七海 8真央 9优衣 10爱美/杏/结菜/优奈

 

〈日本語訳〉

「2006年命名の流行」

 明治生命の発表によると、2006年に生まれた赤ちゃんの名前で最も多かったのは、男が「陸」、女が「陽菜」でした。2位は「大翔」(男)、「美羽」(女)でした。今年の特徴は、去年まで男の子の流行だった「海」が「陸」になったこと、一方女の子はここ数年と国流行は変わっていないものの、フィギュア・スケートの人気選手の影響で「真央」が8位にランク。

 

 参考:2006年新生児命名人気ランキング(上位10位)

   男児:1.陸  2.大翔  3.大輝/蓮  5.翼  6.悠斗  7.翔太  8.海斗/空/優太/陽斗

   女児:1.陽菜  2.美羽  3.美咲  4.さくら  5.愛/葵/七海  8.真央  9.優衣  10.愛美/杏/結菜/優奈

 

*咸的西瓜?                                                                                        
  

  初次到日本,您一定会发现日本的水果和中国有所不同。特别是在吃法上也和中国很不一样。

 

  吃西瓜的时候会放盐。

 

  在日本吃西瓜的时候,有时日本人会往西瓜上搁一点盐再吃。据说,这样的吃的话,西瓜更甜。而且,在日本,吃西瓜的时候都会将西瓜瓤用刀切出来后放在盘子里再吃,吃法很卫生。除了西瓜以外,在吃腌西红柿的时候,日本人也会十分自然的往切好西红柿的盘子里搁上盐。所以,您不妨也尝试一下搁盐的西瓜和西红柿。

 

〈日本語訳〉

「スイカに塩?」

 初めて日本に来るとき、日本の果物と中国の果物の違いに気づくでしょう。特に、食べ方として、ちょっと違うところもあります。

 

 スイカに塩をかけて食べることがあります。

 

 日本でスイカを食べるとき、日本人はスイカに塩をかけてから食べることがあります。こうすると、スイカにより甘みが出るといわれています。それに、スイカを食べるとき、赤実を全部切り出して、お皿に乗せて食べたりもします。この食べ方だと、とてもきれいに食べることができます。スイカのほかに、トマトを食べるときも塩をかけます。ですから、中国人のあなた、一度ぜひ塩味のスイカとトマトを食べてみてください。

 

 

不该说“辛苦了”                                                                                     
  

  学日语的中国朋友,请注意。“辛苦”和“おつかれさま”“ごくろうさま”基本意思应该是一样的。在中国,下课时学生向老师说∶“老师,您辛苦了”,而且有时不说不好。但日语可不同。考虑师生之间的辈分之差,学生没有资格安慰老师,也没有资格评估老师。老师也会想∶“你懂我真正的辛苦吗?”此时说“谢谢”最合适。这种礼节,说实话日本人学得也头疼。

 

〈日本語訳〉

「おつかれさま」「ごくろうさま」

 日本語を学んでいる中国人のみなさん、気をつけてください。「辛苦了」と「おつかれさま」「ごくろうさま」は基本的には同じ意味ですが、事情がちょっと異なります。中国では授業が終わった時学生が先生に対して「辛苦了」と言いますし、場合によっては言わないと失礼です。でも日本語は違います。学生と先生の身分の差を考えると、学生には先生をねぎらったり評価したりする資格はなく、先生も「学生にわたしの本当の苦労などわかるものか」と思うわけです。こういう時には「ありがとうございました」がベストです。こういうマナーは、実のところ日本人にとっても厄介なんです。

 

 

*工薪族的业余生活                                                                          
  

  很多中国朋友抱有的“对日印象”当中,对男性工薪族的形象总的来讲不太好,什么加班加到深夜啦,什么不帮妻子做家务啦,下班后不直接回家而几乎每天都跟朋友或同事去酒吧啦等等。我真的想知道他们到底看什么书或听谁说的。这些不是完全不对,但也不是那么极端。工薪族下班后也不一定直接回家,但也不是一定去喝酒。那么他们的业余生活究竟是什么样的呢?

 

  当然也有为了发泄工作上积累的精神压力而去喝酒、发牢骚的时候,但不可能都是这样。例如有的去夜大或业余学校学点儿东西(外语、唱歌、烹饪、电脑等),有的去看电影、展览会等,有的去逛书店、音像店等。每周三是各所电影院开展“女性电影优惠活动”只付一千元日币(原价是一千八百元日币)就可以看电影,因此很多白领丽人们去看。结果各家酒吧开始设想“夺回顾客”的新策略。

 

〈日本語訳〉

「サラリーマンのアフターファイブ」

 多くの中国の方が抱いている日本のイメージの中で、男性サラリーマンに関するイメージは総じてあまりよくないようですね。遅くまで残業だったり、家では一切家事などしないとか、退勤後もまっすぐ家には帰らずに毎晩友達や同僚と呑みにいく…。いったいどこでこんなことを見たり聞いたりするのかとても知りたいです。完全にまちがっているとはいえませんが、こんなに極端ではありません。確かにまっすぐ家に帰らないサラリーマンはいますが、だからといって居酒屋に行っているとは限りません。ならばどういう風に過ごしているのでしょうか。

 

 もちろんストレス発散のために呑みに行って愚痴をこぼすこともありますが、いつもではありません。たとえば、カルチャースクールに行って何かを習ったり(例:外国語・カラオケ・料理・パソコン等)、映画や展覧会に足を運んだり、本屋やCDショップをぶらぶらしたり、といった具合です。毎週水曜日は映画レディースデーといって女性は映画館で1000円(通常は1800円)で映画を見ることができ、OLたちはよく利用しています。結果として居酒屋も客を呼び戻すためにあの手この手を考え始めています。

 

 

*夏季开花:焰火晚会                                                                        

 

日本の花火 

 

  对中国人来说,焰火、鞭炮应该是春节的象征,而日本完全相反,正好是现在,七八月的日本,夜晚艳丽的焰火遍地开花。

 

  如今年轻一代的日本人渐渐地离开日本传统节日的活动,但焰火大会的主人翁还是他们。姑娘们穿夏季和服(也称浴衣)手里拿着扇子(也称团扇),特意到专门设置的拥挤的免费观众席上观赏。有的焰火迷们当天向公司请假,凌晨开始去占好地方,媒体每年也报道这些。

 

〈日本語訳〉

「夏咲く花:花火大会」

 中国人にとって花火といえば正月の風物詩かもしれませんが、日本ではまったく逆。ちょうど現在、7~8月の日本の夜空には花火があちらこちらで咲きほこっています。 

 

 現代の若者は日本の伝統行事からどんどん遠ざかっていますが、花火大会の主人公はあいかわらず若者。若い女性たちは「ゆかた」を着て、「うちわ」を手に花火のよく見える会場へ足を運びます。一部の熱狂的なファンは会社を休んで朝から良い場所をとりに行く人もいます。こうした情景はメディアでも毎年紹介されています。

   

 

 

*春天的花儿                                                                           
  

 

   一提起日本的花儿,马上就想到最有代表性的樱花。以樱花为开始,各种各样的花儿随着春天的脚步一起到来,把生活装饰得多姿多彩。若只说“赏花”,则是指“赏樱花”;但是赏完樱花之后你还可以赏很多不同的花儿,也有许多赏花名胜之处。日本的春季(至6月)里,赏花顺序大致如下:

  梅花⇒樱花⇒藤萝花⇒杜鹃花⇒水仙花⇒菖蒲花/水菖蒲⇒八仙花。

 

〈日本語訳〉

「春の花」 

 日本の花といえば「桜」というのが当たり前になっていますが、桜を皮切りに日本の春は色々な花とともに過ぎていき、それぞれの花が人々を楽しませてくれます。「花見」といえば普通はやはり「桜」を指しますが、実は桜が散っても次々に色々な花を見に行く「花見」が行われ、それぞれの花にそれぞれの名所があります。春(6月まで)の花の時期は次のような流れになっています。

 うめ⇒さくら⇒ふじ⇒つつじ⇒すいせん⇒しょうぶ/あやめ⇒あじさい

ryoukainihon20060509.jpg
   

*儿童节                                                                             
  

  日本的儿童节是5月5日,除此之外还有其它许多地方和中国的不同。日本的儿童节作为全国的节日有休假,又刚好是五一黄金周的最后一天节日。在这一天,全国各地举行和儿童有关的活动,并且因为是黄金周的最后一天,东京迪斯尼公园等娱乐场所都因家庭式游客而爆满。于此同时,日本也把它当作”端午节”来庆祝。

 

  本来应该是农历的5月5日,可因为现在日本传统日的日期都被西历所取代了,今日日本人基本上不按照农历来过日子了。并且,原本端午节也不是”男孩的节日”,在日本端午节被当作”男孩的节日”。顺便提一下,女孩的节日是3月3日的”桃节”。

 

  在5月5日这一天,有男孩的家里要高挂”鲤鱼旗”,用”武士娃娃”、”铠甲和盔甲”装饰家里,要吃”粽子” 、”柏叶糕”,祈祷男孩健康成长。

 

  ”粽子”也和中国的有所不同。日本的粽子一般放”豆沙馅”、用竹叶包成细长形。跟中国的放肉、枣、鸡蛋等很有分量的感觉不同,在日本是像”茶点”一样的点心。

 

〈日本語訳〉

「こどもの日」

 日本のこどもの日は5月5日で、そのほかにもいろいろな点で中国とは異なります。日本のこどもの日は国民の祝日として休みになり、ちょうどゴールデンウィークの最後の祝日にもあたっています。この日には全国各地にこどもに関係のあるイベントが行われて、またゴールデンウィークの最後ということも あって、東京ディズニーランドなどのレジャー施設も家族連れでにぎわいます。と同時に日本では「端午の節句」としてもお祝いします。

 

 本来は旧暦の5月5日であるべきですが、現在の日本の伝統的行事のほとんどは新暦におきかえられていますので、今の日本人には「旧暦で暮らす」という感覚はほとんどありません。そして、もともと端午の節句には「男児のお祭り」という意味はありませんが、日本では端午の節句は「男児のための節句」という意味になっていま す。ちなみに女児のお祭りは3月3日で「桃の節句」といいます。

 

 この日、男児のいる家では「こいのぼり」を揚げ、「武者人形」や「よろいかぶと」を飾り、「ちまき」や「かしわ餅」を食べて、男児の健やかな成長を 祈ります。

 

 「ちまき」も中国のものとは少々異なります。日本の「ちまき」は小豆餡の 入った餅を笹の葉で包んだものが一般的で、形も細長くつくります。中国のような肉や卵や棗の入ったボリュームのあるものとは違い、「お茶うけ」という感じのお菓子です。

 

 

*早春的樱花                                                                              

 

桜の花   今年因为寒冬带来的影响,樱花比往年开的迟。但是,我们认为樱花在积蓄着它的力量,等候大地回春的那一刻,迸发出它触人心魂的美丽花朵。笔者赶在3月24日,采集了东京第一束樱花献给大家,请欣赏。

 

 

〈日本語訳〉

「早春の桜」

 

 今年の冬は寒波に見舞われ、桜の花も心なしか、開花の遅れた感があります。とはいえ、桜はじっと春の到来を待ち続け、暖かくなるやその花を見事に咲かせました。写真の桜は3月24日に東京都内で撮影したもので、早咲きの桜ではありますが、見るものを魅了してやみません。

桜の花

 

 

 

 

 

 

*狗年话狗                                                                             

  2006年是狗年,因此到处都可以见到狗的各种设计模型及吉祥物。在日本和中国,狗在人们的印象里可以说没有太大的不同。也就是说都具有社会性,忠诚心,自古以来与人有着亲密关系。在动物名的汉字上加有人字旁的只有“件”与“伏”。这两个汉字上所用的都是与人具有密切关联的身边动物的名字。“伏”字就象征着人与狗之间无法割断的因缘关系。

 

  但是在中国对狗也有不少坏的印象,常常被用在骂人的语言上。在日本有此作用的则是猫,对于狗更多的是美言、感动的故事。以狗为题材的众多感动的电影深受欢迎。比如『里見八犬传(1983)』『南極物語(1983)』『八公物語1987)』『狗的电影(2004)』。

 

  狗在众多的宠物当中也是独有人气。据社团法人日本养狗俱乐部(管理宠物犬的户籍登录的团体)发表,2005年已登录的宠物犬数为554,141只,据世界第2位,但也有未登陆饲养的情况,因此实际上要多于所发表的数据。最近最有人气的为猎肠狗(Dachshund),其登录数突破了16万只。

 

  80 年代的后期到90年代的前期的一段时间,主要以西伯利亚雪橇犬(Siberian husky),黄金猎犬(Golden Retriever)等大型狗为主流。现在则以广告及影剧里出现的小型犬类的吉娃娃犬(Chihuahua),卷毛狮子狗(Poodle)等深受喜欢。在宠物商店里销售的一只狗的价格大约在10万到30万日元左右,但是具有好的血统及容貌可爱的将超过100万日元,并且因为有人气还要预约等待很长时间才能买到。

 

〈日本語訳〉

「犬の人気」

 2006年は犬年、あちらこちらで犬のデザインやキャラクターを見かけるようになりました。犬の基本的なイメージは日本もそれほど中国とは変わらないと思います。すなわち、社会性があり、忠実で、人との付き合いも古く、親しみ深い動物ですね。漢字で動物ににんべんがついているのは「件」と「伏」の二つ。どちらも人間にとって非常に身近な動物です。「伏」の字は人と犬とが切っても切れない縁で結ばれていることの一つの象徴です。

 

 ただ中国では同時に犬に対して悪いイメージも少なくなく、罵り言葉などの常連でもありますね。日本ではその役は猫が担っているようです。犬については実に沢山の「美談」や「感動の物語」が多く、犬が題材になった日本映画も数多くヒットしています。例:『里見八犬伝(1983)』『南極物語(1983)』『ハチ公物語(1987)』『いぬのえいが(2004)』。

 

 ところで犬はペットの中でもダントツの人気。社団法人ジャパン・ケネル・クラブの発表によると2005年の飼育犬登録数は554,141頭で世界第2位ですが、実際には登録せずに飼育しているケースもあるので、数字はこれ以上になります。最近の人気はダックスフンド(Dachshund)で登録数は約16万頭で突出しています。

 

 1980年代後半から90年代前半にかけては一時期、シベリアンハスキー(Siberian husky)やゴールデンレトリバー(Golden Retriever)などの大型犬に人気が集まっていましたが、現在はテレビコマーシャルやドラマなどに登場する室内小型犬のチワワ(Chihuahua)やプードル(Poodle)などが好まれています。ペットショップで販売されている犬1頭の値段は10万~30万円が一般的ですが、血統のよいものや容姿のいいものでは100万円を超えるものもあり、順番待ちという人気ぶりです。

 

下图是个人提供的照片  
日本の飼い犬  

 

 

 

 

 

*新年会・忘年会・火锅                                                                          

  过去日本的新年是以旧历(阴历)为基准的,但是到了20世纪后,旧历新年完全被新历(阳历)的元旦取代了。所以所谓的“寒假”是指元旦前后的一星期左右(学校的寒假大约是两个星期。)日本一般以每年4月到第二年的3月为一个结算年度。所以12月的时候,所有的工作并没过去日本的新年是以旧历(阴历)为基准的,但是到了20世纪后,旧历新年完全被新历(阳历)的元旦取代了。所以所谓的“寒假”是指元旦前后的一星期左右(学校的寒假大约是两个星期。)日本一般以每年4月到第二年的3月为一个结算年度。所以12月的时候,所有的工作并没有告一段落。除服务业以外的很多企业都会集中休假,因此12月末到1月初,日本全国上下洋溢着“季节转换”的浓郁气息。

 

  因此,在12月份举行叫做“忘年会”的宴会,1月时举行称作“新年会”的宴会,已经成为日本人的惯例。相对来说“忘年会”似乎比较受日本人喜欢,12月份很多饭店和酒吧都预定满了。而“新年会”的话,感觉一般是没能够举行“忘年会”的团体举行的宴会,以此来代替“忘年会”。至于宴会我想就不必多说了。但是其宴会上常备有的“火锅”可以说是特征之一。

 

  “火锅”虽然不是“忘年会”,“新年会”的必备品,但是众多的宴会还是以火锅料理为主要佳肴。对中国人来说,也许“火锅”并没有很强的季节感,感觉一年四季都能吃。当然在日本也可以一年四季都可以吃,但是总觉得“火锅”给人冬天的感觉。冬季因寒冷而吃热腾腾的“火锅”有魅力是一个原因,另外一个很重要的理由是,对于一般不经常众人会餐的日本人来说,就像是“年中仪式”一样举行的“忘年会”“新年会” 正是这个季节,因此,形成了“火锅=冬天”的印象。

 

  到底有什么特色呢?“百闻不如一‘吃'”。来日本的时候请务必要尝试一下。

  

〈日本語訳〉

「新年会・忘年会・鍋」

 日本の正月は古くは旧暦を基準としていましたが、20世紀には完全に新暦の元旦にとって代えられました。ですからいわゆる「冬休み」といえば、元旦前後の1週間程度を指します。(学校の冬休みは2週間くらい。)会計年度は4月から翌年3月までですので、12月はすべての仕事に区切りをつけるわけではありませんが、サービス業を除いては多くの企業が一斉に休暇をとるため、12月の末と1月の初めは日本全体に「季節の転換」という空気が流れます。

 

 というわけで、日本人は12月に「忘年会」、1月に「新年会」と称して宴会をするのが恒例のようになっています。どちらかといえば「忘年会」の方が好まれるようで、12月は多くのレストランやバーが予約でいっぱいになります。「新年会」は忘年会ができなかったグループが、その代わりに催すという感じが多いようです。宴会については多くを語らなくても良いと思いますが、特徴的なものに「鍋料理」があります。

 

 「忘年会」「新年会」の必需品、というわけではありませんが、料理の主役にはよく「鍋料理」が起用されます。中国の皆さんにとっては「鍋料理」には特に季節感がなく、一年中いつでも食べるという感じでしょう。日本でももちろん一年中食べてかまいませんが、「鍋料理」にはなんとなく「冬」のイメージがついています。寒い冬にあたたかい「鍋料理」という理由はもちろんですが、もう一つ、普段なかなか大勢の人が集まって会食をすることのない日本人が、まるで「年中行事」のように「忘年会」「新年会」をこの季節に行うことに伴っての「鍋=冬」というイメージ形成も大きな理由の一つでしょう。

 

 どんな特徴か、って?「百聞不如一“吃”」。日本にお越しの際にはぜひおためしください。

 

 

*日式圣诞景色                                                                             

  日本虽然不是基督教的国家,但是以商家为中心,圣诞节被操作的越显热闹,气氛浓厚。虽然不能与具有历史及宗教意义的正统的欧美圣诞节相提并论,甚至从某种角度上会给人一种非常奇异的感觉,但是以年轻人为主的众多的人却以此为乐趣。

 

  日本的圣诞节基本不具有宗教色彩,似乎被演变为商家促销的生意机会。圣诞节的商战主要是以向父母索取玩具等圣诞礼物的小孩为对象。如同美国玩具商家的每年三到五成的销售额依靠圣诞节,日本的玩具商家也以圣诞节为主要的促销机会,与美国有所不同的是日本的小孩在过新年时将会收到小红包,因此1月份也是促销的机会,圣诞节并不是最好的机会。 但是这几年,从最有人气的游戏软件开始以小孩为对象的新产品的销售最多的时期,自然就成为从秋季到冬季的季节。

 

  另外具有魅力的购买层是二十至三十岁为中心的年轻情侣。这一层的消费群除了圣诞礼物以外,还以奢侈的就餐及各种圣诞活动为乐趣。日本的圣诞节的气氛似乎可认为“圣诞节=情侣加深感情的季节”。

 

  最近几年为了使圣诞节更具有情趣,增加其节日气氛,开始盛行了彩灯装饰。在比较繁华的街道几乎都可以见到彩灯装饰,尤其是街道上的树木被彩灯装饰的五光十色,再加上各办公大楼及商店的圣诞树使街道变得更是琳琅满目,不仅是年轻的情侣,众多的男女老少都在欣赏着美丽的圣诞彩灯装饰。

 

  彩灯装饰并不是只针对圣诞节而准备的,圣诞节之后就是日本的新年元旦,可以说是为圣诞节和新年而准备的,因此被众多闪亮的彩灯装饰的美丽街景更加提高了圣诞节气氛,最近在幽静的住宅区家庭也在自家庭院的树木及房子的外表进行彩灯装饰,而且越来越呈现出无所不装,无所不亮的感觉,似乎在进行灯饰盛典。如同夏季的焰火大会一样,彩灯装饰在日本已变成冬季夜晚的风景线。

 

〈日本語訳〉

「日本のクリスマス風景」

 日本はキリスト教の国ではないが、クリスマスは商業界を中心にものすごい盛り上がりを見せる。歴史的・宗教的意味を持つ欧米の「正統」なそれと比較するのは無理があり、見方によっては非常に奇異に映るかもしれない日本のクリスマスであるが、若者を中心に多くの人々が楽しみにしている。

 

 宗教色はほとんどない日本のクリスマスは、多分に商業界のビジネスチャンスと化している。まずはクリスマス商戦。その主な対象は子どもが親にねだる玩具等のクリスマス・プレゼント。アメリカの玩具業界が一年の3~5割の売り上げをクリスマスに期待するのと同じく、日本でも玩具業界はかき入れ時である。もっとも、アメリカと異なるのは、クリスマスはもちろんだが、日本の子どもたちは正月にもらうお年玉で1月に消費する機会もあるので、クリスマスが唯一のビッグ・チャンスではないということである。しかし、ここ数年一番人気のゲームソフトをはじめとする子どもをターゲットにした新商品の発売は、秋から冬にかけてのこの時期が自然と多くなっている。

 

 そしてもう一つの魅力的な購買層は20代を中心とする若者のカップルである。この層はプレゼントのほかに、いつもより少し贅沢な食事やイベントをクリスマスの楽しみにしている。日本では「クリスマス=恋人たちの愛をはぐくむ季節」とも言えそうな勢いである。

 

 昨今のはやりは、そのクリスマスをみんなで盛り上げてムーディーに過ごしたいという発想からの、「イルミネーション」によるデコレーションである。繁華街の通りにはほぼどこでもイルミネーションを見ることができ、とりわけ通りの木々はきらびやかなイルミネーションで彩られている。更にオフィスビルや商店のクリスマスツリーにより通りは見渡す限り美しいものとなる。若者のカップルだけでなく多くの老若男女が美しいクリスマスイルミネーションを楽しんでいる。

 

 イルミネーションについてはクリスマスから元旦にかけての雰囲気もあり、本来クリスマスになぞらえたつもりはないようであるが、町を美しく彩る光の数々はクリスマス気分を一層盛り上げてくれる。近頃では閑静な住宅街で各家庭が自宅の庭木などに電球を仕込んで、住宅街でもちょっとした光の祭典が催されている。今では真夏の花火とともに、冬の夜を飾る風物詩になっている。

 

下图为东京的圣诞彩灯装饰街景,供大家欣赏。  
日本のクリスマスイルミネーション  

 

 

*日本国民性的食谱“拉面”                                                                       

  大部分的日本人都认为[拉面]是[中国料理]。的确其拉面的根源有可能在中国。但是如今实质上拉面在日本已经演变成日本国民性的食谱。

 

  拉面原本是以便宜而且能够添饱肚子而受到青睐的小吃,其味道主要以鸡骨汤为主,一般在汤里加上将油或咸盐加以调制而成。在中华料理店拉面是食谱的一种。相对日本传统的荞麦面或面条,把拉面称作“中华拉面”就可以证明这一点。

 

  但是之从90年代开始以某某拉面的形势,用地方名取名的各种特色的拉面店竞相亮相,味道也越来越非常的讲究,如今已从小吃演变成为响当当的主要美食佳肴。因此有人气的拉面店,到了就餐时间就已排成列队,为了吃到一碗拉面要排队等两个小时也是常有的事。有些繁华的街道上众多的拉面店排成列,似乎是拉面馆一条街的感觉。在横滨甚至有从全国云集的拉面店形成的[拉面博物馆],虽说是拉面博物馆,但并不是展示有关拉面的展示场,而是拉面店一条街。 到80年代为止在一般人的印象里拉面店就等于中华料理店,但是最近拉面从中华料理中脱离出来,形成了自己独特的拉面文化。拉面店铺的内部设计,外观装修,拉面的汤料,面,及内容物上也越来越下功夫,强调其独特性。

 

  日本人在吃拉面时比较喜欢吃饺子,不是中国式的水饺子,而是煎饺子。午餐时虽然因为易产生口臭而不吃拉面加煎饺套餐的人较多,但是也有很多人还是要吃拉面加煎饺套餐或着拉面加米饭套餐。可以说拉面的吃法已成了日本人独特的饮食文化。

 

〈日本語訳〉

国民的メニュー「ラーメン」

 日本人のほとんどは「ラーメン」を「中国料理」と思っている。もちろんルーツは中国にあるかもしれない。しかし実は「ラーメン」は今や確実に「日本的」しかも「日本国民的」メニューへと進化した。

 

 もともとは安くて腹持ちのいい軽食として存在していたラーメン。味も鶏ガラで出汁をとったスープに醤油もしくは塩で味を調えたとても単純な形が相場だった。そしてそれは中華料理店のメニューとして存在していた。日本の伝統的な麺類「そば」「うどん」に対して「中華そば」と呼ばれていたこともその一つの証しである。しかし、1990年代頃から「○○ラーメン」という風に地方の名前を冠したいろいろな特色を打ち出すラーメンが多数登場、味も非常に凝るようになって、もはや軽食ではなく立派なグルメ・メニューへと進化した。

 

 人気店には食事時になると行列ができ、中には一杯のラーメンを食べるために2時間も並ばなければならないような店もあるほど。また、日本のあちこちにラーメン店が軒を連ねる「ラーメン横丁」のような佇まいも見られ、横浜には全国の有名店が出店するラーメンのテーマパーク「ラーメン博物館」もある。博物館といってもラーメンに関する展示場ではない。

 

 1980年代までは「ラーメン屋=中華料理店」的な印象が強かったが、最近は完全に中華料理からは独立した形でラーメン文化が形成されている。店のデザインなども非常にオリジナリティーを強調し、出汁や具や麺にも様々な工夫が凝らされるようになった。

 

 日本人にとってラーメンに欠かせないのは餃子。昼食時には口臭の原因になるからといって避ける人も多いが、ラーメンと一緒に焼き餃子を注文する客はとても多く、またラーメンとごはんをセットにした定食メニューなどもあり、日本人独特な食べ方が楽しまれている。

 

下图为日本部分拉面店的外观及拉面的照片。  
日本のラーメン店外観とラーメン  

*日本的国民性体育项目[棒球]                                                                     

  如果说在日本最有人气的体育项目是什么,那就是棒球。在日文里的汉字名叫“野球”,因此在日华人称棒球为野球。棒球原本从美国传到日本,虽然不能说是传统的日本文化,但是其团体竞技的魅力及攻守战略的特点,似乎恰好吻合了日本人的嗜好。虽然近年来足球的人气也正在高涨,但总也不及棒球有魅力。棒球在日本究竟有多人气,只要看看他们的日常生活就会一目了然。日本的电视台,广播电台, 各种报纸每天都有棒球的专栏,只要有赛事就有现场直播,各种体育报更是在每天头版报道有关棒球的新闻。各种各样的店铺只要有电视机十有八九肯定要播放棒球比赛。

 

  现在日本有12支职业棒球队。他们被分成两个联盟,各有6支球队,各联盟通过联赛决出优胜者, 再有两个联盟的优胜者在秋天进行全日本冠军决赛,决出全日本棒球联赛冠军。

 

  当决出各联盟优胜者及全日本优胜者时,球队所属企业的关连公司及球队所在地的各家商店将举行大规模的庆祝冠军大酬宾活动,大家将可以买到各种打折便宜的商品。因此,即使对棒球没有兴趣的主妇到了秋季也都将把庆祝冠军酬宾活动当成一种极大的乐趣。

 

  当球队取得冠军时不知为何在庆祝会上一定要进行互相喷洒啤酒,以球员为中心的参加庆祝会的人士互相把瓶啤酒摇晃后喷出的啤酒洒向周围人的身上,弄得大家浑身湿淋漓,似乎从啤酒缸里捞上来的感觉,以示庆祝胜利,陶醉在欢乐之中。甚至有些街头的球迷在有河川的地方从桥上跳水到河里,以示祝贺。但是时有因溺水而死亡的事故发生,因此在接近球队胜利时,地方的负责单位不得不在桥的两侧架起护栏,防止事故的发生。

 

  日本的棒球界虽然始终热闹非凡,但是并不是说所有球队都有人气,且经营状况良好。至2004年到今年有些球队因被购买或经营危机等问题面临着艰难的考验阶段,现已有被购买的球队,如原商品流通公司大荣所属球队被IT届的巨头软体银行集团购买。可以说随着经济发展的变化,棒球界 也正面临着格局的变革。

 

〈日本語訳〉

「日本の国民的体育『野球』」

 

 

下图为日本棒球赛的掠影,供大家欣赏。

日本の野球

*第39届东京国际车展                                                                      
  

  第39届东京国际车展(TOKYO MOTORSHOW 2005)于10月21日在千叶幕张国际展览中心开幕,11月6日闭幕。

 

  本届车展的主题是“驾驭明天,从东京开始”。有来自世界13个国家和地区的240家汽车生产商及零部件生产商亮相于本届车展。在来自世界各大汽车商的570多辆品牌车中,近80辆新型环保概念车因突出体现了节能与能源替代等当代汽车的环保理念,而令人瞩目。全球各大汽车厂商向公众展示了最新的科技与车型,其中以绿色环保车型设计为大趋势,各式各样首次亮相的新型车,概念车竞相争艳。尤其是日本的汽车厂商展示的科技未来车型,似乎在主导着世界科技汽车的方向。其中的一款车型,具有8个车轮,前后各4个,提高了对地面的附着力,消耗能量目前为世界最小。这款电动环保车,最高时速可达到370公里,4秒就可把时速提高到100公里。可以说其走行,转向,安全之汽车三要素以及其环保节能的功能当属世界之最。

 

  这次的东京车展向观众描绘了在能源越来越缺乏的未来一个科技汽车的新世界。本届车展的英文翻译为中文时是“驾驭明天,从东京开始”,但是其日文翻译为 “给大家在心理描绘的车的全部以新的题案”。

 

〈日本語訳〉

「第39回東京国際モーターショー」

 

 

 

第39回東京モーターショー写真  
上图为本次车展的情景与环保概念车型,供大家欣赏。  

 

 

 

page_top