大学院進学Q&A

東亜学院で大学・大学院進学指導をする際によく出る質問です。

 

Q1 日本の「研究生」と「大学院生」の違いは何ですか。

A1 日本の「研究生」は大学院の正式な学生ではなく、大学院入学準備段階の学生です。

 

 

 

Q2 日本の大学院を受験するには、どのような書類が一般的に必要ですか。

A2 一般的に以下のものが必要ですが、各大学により必要書類は違います。

 

1) 教授の推薦書 大学院及び研究生の応募のどちらにも指導教授の推薦書が必要です。
2) 大学の成績表 大学が発行する成績表。英文版が最適。多めに予備を用意してください。
3) 卒業証明書・卒業証書原本 卒業証明書は、大学発行の英文版が最適です。
4)  学位証明書・学位証書原本 学位証明書は、大学発行の英文版が最適です。
5) 卒業論文概要

自分の卒業論文を簡単に整理したもの。日本語訳をA4版1枚程度にまとめる。

概要は、一般的に、目的、方法、結論等に分けて記載する。

芸術分野の卒業生は、自分の作品を日本に持参してください。

6) 研究計画書

研究動機、国内外の先行研究の概況、問題点、研究方法、研究特色と意義等をまとめる。

 

  注意:証明書は、一般的に、3か月以内のものが有効とされています。

 

 

Q3 大学院受験に英語は必要ですか。

A3  英語が必要な大学院と必要でない大学院があります。理工系は、文系に比べて必要な場合が多いです。

   国公立大学は、多くの場合TOEFLあるいはTOEICの成績が必要です。 

  

 

 

 

Q4 日本語能力試験N1証書があっても、なぜ日本留学試験を受けなければなりませんか。

A4 大学院によっては、日本語能力試験の成績以外に、日本留学試験の日本語成績が必要だからです。

   詳細は、日本留学試験のホームページをご覧ください。

 

 

Q5 経済系と理工系の大学院は数学の試験がありますか。

A5 大学院によります。数学の試験準備もしておきましょう。

 

 

 

Q6 大学本科は日本語専攻でした。大学院で専攻を変えたい場合、どのような準備が必要ですか。

A6 受験したい専攻に関する書籍や論文を読み、専門知識の不足を補ってください。

 

 

 

page_top