東亜学院TOP > 中国語学校 > 「授業点描」 > 授業点描「講読と作文」

授業点描「専修講座」

東亜学院中国語学校の授業のようすをご紹介します。

 

講読と作文            2020.11.12

【目標】

1.講読は面白い--興味を育てる

2.古典的作品は面白い--正統派への理解を深める

3.作文を書きたい--意欲をかき立てる

 

【時間配分】

●10:00-10:30     1.受講生の前回の習作について,文章構成や語句の使用,描写の見事さを講評

                          2.文法的・論理的な誤文を指摘

                          3.正しい表現へ改める

●10:30-10:45     1.新しい話題を提示

                               例:“散步”(散歩する)と“蹓跶”(ぶらつく)はどう違う?

                                      受講生の解答:A“一样”(同じ)。B“微妙”(微妙だ)。C“不一样”(異なる)。

                                      講師の再質問:“微妙”と“不一样”にはまたどんな違いがある?

                          2.名作を提示:皆さんの討論は面白かった。著名作家はどう言っているか見てみよう

●10:45-11:00     名作《蹓跶》(『ぶらぶら歩く』)を紹介。著者:王力

                               例:1.作家紹介:中国の言語学者・翻訳者

                                     2.作品の背景紹介:中国の文人ののんびり気ままな楽しみ

                                     3.作品紹介:《蹓跶》

●5分休憩

●11:05-11:40     1.講師が作品を通して読み,受講生の理解度を確認

                          2.講師と受講生で追いかけ朗読

                          3.文章の特色を解釈

                          4.文章構成,生き生きした語句,および正統派の描写を鑑賞

●11:40-11:55     発展・拡大練習:本作の読後,各人の趣味について語り合う

●11:55-12:00     宿題:《蹓跶》を題材に作文

page_top