東亜学院TOP > 中国語学校 > 中国語各種検定試験

中国語各種検定試験について

中国語を学習するにあたって、何か目標があると励みになりますが、検定試験への挑戦もその一つ。特に、今後就職活動に入る学生にとっては履歴書の1行に、また既に仕事に就かれている方にとっては、自分のスキルを明確に示す一つのセールスポイントになるでしょう。

また、検定試験合格の目標は、中国語学習への意欲を高めることにもなるでしょう。検定試験を受けることで客観的に自分のレベルを確認でき、得意分野・不得意分野を把握することもできます。

 

日本で受験できる主な中国語能力判定試験には、中国語検定試験(中検)、漢語水平考試(HSK)、中国語コミュニケーション能力検定試験(TECC)等があります。

 

 

試 験 内 容

 中国語検定試験

(準4級~1級) 

日本で最も受験されている中国語の試験です。

過去問題集や試験対策本も多数出ており、受験のしやすさでもお勧めの試験です。

HSK漢語水平考試

(1級~6級) 

中国政府が認可する世界規模で行われている中国語の試験です。

中国の大学・大学院に入学する際には必ず受験しなくてはならない試験です。

中国語コミュニケーション能力検定試験

(略称:TECC/スコア判定式)

初級から上級まですべてのレベルの学習者が同一の試験を受験し、スコアによるレベル判定を行う試験です。

※詳細については実施団体のHP等にてご確認ください。

※申込代行は行っておりません。各自でご対応ください。

page_top