東亜学院TOP > 中国語学校 > 中国語の世界 > Pick Up! 今月の先生

Pick Up! 今月の先生

05 张敏老师

 

Q:中国語を教える時,特に熱の入る所や,つい厳しく指導してしまう所は? その具体的な場面は?

 ―― 每个学习阶段的重点不同。比如,在初学阶段,对错误的发音、声调会及时纠正,反复说明要点。同时还会请发音准确的同学做个示范讲讲诀窍。同学比老师更有影响力。       

(それぞれの学習段階で重点は異なります。例えば入門では,間違った発音・声調を直ちに直し,繰り返し要点を説明します。同時に,発音の正しい受講生にお手本を見せてもらい,秘けつを話してもらいます。同級生は講師よりももっと影響力があります。      

  張敏先生1 

Q:中国語の魅力や奥深さは?「中国語はここが面白い!」と思う所は?

 ―― 表示推测的助动词“会”如果你能准确地掌握运用的话,就说明你的汉语水平肯定不是一般的了。

(推測を表す助動詞“会”を,もしあなたが正しくマスターして使えたならば,あなたの中国語のレベルは間違いなくありきたりではなくなっているということになります。

 張敏先生2  

 

Q:先生ご自身が外国語を学ぶ時に有効だった学習方法は?

 ―― 反复听日语歌并逐句把日语歌词记下,最后确认纠正;背诵例句。

(繰り返し日本語の歌を聴き,日本語の歌詞を書き,おしまいに確認して直します。

 [もう1つ]例文の暗唱。) 

 

Q:中国語での失敗体験を一つ教えてください!

 ―― 把“リゾット”说成了“リゾート”。外来语是弱点。

(「リゾット」を「リゾート」と言ってしまいました。外来語が弱点です。)

 

Q:中国語学習者へのアドバイスをお願いします。

 ―― 学习外语无捷径也无止境。无论是初学者还是学了多年的,最好都能坚持朗读。初学时读课文,慢慢地提高难度挑选报刊、小说中的一个段落,重复朗读。

(外国語学習に早道はないし,おしまいもありません。入門の人も長年学んだ人も,朗読を粘り強く続けることができたらよいでしょう。入門時は教科書の本文を読み,徐々に難度を上げて新聞・雑誌や小説の中の1節を選び,繰り返し朗読します。)

 

一问一答

Q:好きな中国茶&中国のお菓子は?

 ―― 云片糕。和日本的“落雁”有点儿像。

   (しん粉に砂糖・くるみを加えて作った薄片状長方形の干し菓子。日本の落雁に少し似ています)

Q:一番好きな日本人の特徴は?

 ―― 设身处地为他人着想。(相手の身になって考え,他人を思いやる)

Q:いま夢中になっていることや,いったん始めたら時間を忘れて取り組んでしまうことは?

 ―― 目前没有。(今はありません)

Q:長い休みがあったらやってみたいことは?

 ―― 探亲。(帰省します)

Q:会ってみたい文学上の人物は?

 ―― 贾宝玉、林黛玉《红楼梦》(賈宝玉・林黛玉『紅楼夢』)

Q:日本人にぜひ知ってほしい中国の食べものは?

 ――  汽糕。是浙江、江西等地区的传统特色糕类食品。

     在浙江衢州市的开化县和江西省婺源县流传历史悠久, 已难追溯其根源。  

    (スチームケーキ(?)。浙江省・江西省等の地域の伝統と特色ある蒸し物。

     浙江省衢州市の開化県と江西省婺源県で広く伝わる歴史が長く,既に遡って

     その発祥を探究することは困難)

        写真出典 http://lvyou.edushi.com/SpotSpecial/Detail/50051

 張敏先生3  

 

Q:おすすめのコトバ

 ――  己所不欲,勿施于人《论语》。(己の欲せざる所は人に施すなかれ『論語』) 

 

 

04 K.Y.老师

 

Q:中国語を教える時,特に熱の入る所や,つい厳しく指導してしまう所は? その具体的な場面は?

 ―― 我注意强调正确发音。说汉语时,如果你发不好一个音,对方常常听不懂你在说什么。说汉语的声音和说日语的声音也不一样。日本人要说汉语,音域和肺活量常常不够。大人学发音,不像小孩那么容易,大人一定需要逻辑。所以我尽量详细地分析并说明送气音的发音方法、嘴型、舌头的位置等相关的信息。             

   PickUp!K.Y.先生

(私は正確な発音を強調するように心掛けています。中国語を話す時は、もし1つの音が正しく発音できないと、相手はしばしばあなたが何を言っているのか聞いて分かりません。中国語を話す声と日本語を話す声も異なります。日本人が中国語を話そうとする時、音域と肺活量がしばしば足りません。大人が発音を学ぶのは、子供みたいに簡単ではありません。大人にはどうしても理屈が必要です。なので、私は有気音の出し方・口の形・舌の位置など関係する情報をできるだけ細かく分析・説明します。) 

 

Q:中国語の魅力や奥深さは?「中国語はここが面白い!」と思う所は?

 ―― 中国地大物博、历史悠久。虽说普通话,每个地方都有独特的口音,语法也有所不同。至于词汇,简直无边无际,永远学不完。历史上很多人的活动形成了一个这么深厚、丰富的语言。每次想到这个,我暗自惊叹。

(中国は土地も広く、物も豊か、歴史も長いです。標準語といっても、地方によって独特ななまりがありますし、文法も違う所があります。語彙に至っては、ほとんど果てしなく広がっていて、いつまでも学び終わることがありません。歴史上たくさんの人々の活動がこのように奥深く豊かな言語を形作りました。このことを思う度に、私はひそかに感嘆してしまいます。

 

Q:先生ご自身が外国語を学ぶ時に有効だった学習方法は?

 ―― 我学语言的时候,常看电影DVD。一开始看字幕,查词典,把意思弄明白,然后隐藏字幕,跟着演员一起说说看台词。一部电影看好几遍,对内容、语气都很熟悉,这样,听力和说话好像都会有进步。

(私が言語を学ぶ時は、よく映画のDVDを見ます。最初は字幕を見て、辞書を引き、意味を分かるようにして、それから、字幕を隠し、俳優と一緒にせりふを言ってみます。1本の映画を何度も見て、内容・語調によくなじむと、リスニング・スピーキングともに上達するようです。)

 

Q:中国語での失敗体験を一つ教えてください!

 ―― 太多了!比如:要说“落汤鸡”,却说成“落鸡汤”。

(たくさんあります!例えば、「スープに落ちた鶏(=ぬれねずみ)」と言おうとして、「落ちた鶏スープ」と言ってしまう、とか。)

 

Q:中国語学習者へのアドバイスをお願いします。

 ―― 刚开始的时候,发音可能很难。但是发音绝不是“特殊能力”,不管你是哪里人,只要坚持,好好练习,一定会学会的。所以请不要放弃!有疑问,随时问我们!请不要客气!

(始めたばかりの時は、発音が難しいかもしれません。でも、発音は決して「特殊能力」ではありません。どこの人であっても、根気強く、よく練習しさえすれば、必ずできるようになります。だから、諦めないで下さい!分からない所はいつでも私たちに聞いて下さい!遠慮しないで!)

 

一问一答

Q:好きな中国茶&中国のお菓子は?

 ―― 祁门红茶。蛋卷。(キームン紅茶。卵たっぷりロールクッキー)

Q:日本で一番好きな中国料理は?

 ―― 京都万福寺的斋饭:普茶料理。(京都萬福寺の精進料理である普茶料理)

Q:いま夢中になっていることや,いったん始めたら時間を忘れて取り組んでしまうことは?

 ―― 学法语。(フランス語学習)

Q:長い休みがあったらやってみたいことは?

 ―― 上法语课。(フランス語の授業に出る)

Q:会ってみたい歴史上の人物は?

 ―― 诸葛亮(諸葛孔明)

Q:日本人にぜひ知ってほしい中国のデザートは?

 ――  绿豆沙、烧仙草、黑豆花。(緑豆シェイク・焼きサボテン・黒トウファ)

Q:おすすめのコトバ

 ――   “读书百遍,其义自见”《魏志》(読書百遍、義おのずからあらわる『正史・魏志』) 

 

03 李晶辉老师

 

 

 

Q:中国語を教える時,特に熱の入る所や,つい厳しく指導してしまう所は? その具体的な場面は?

 ―― 任何语言的学习无外乎要从听说读写译这五大基本功下手。入门和初级侧重于听说训练,中级和上级则注重于读写译的提高。在上级班的教学中,不仅要纠正课文朗读中发音和声调的错误,同时通过写作文的方式,掌握每课所学成语、俗语,并进一步在口语表达中实际应用。                 

   PickUp!李晶輝先生

(どのような言語を学ぶにしても大事なのは、聴く・話す・読む・書く・訳すの基本5技能から着手することに他なりません。入門と初級は聴くと話す訓練に重点を置き、中級と上級は読む・書く・訳すの向上に重きを置くことです。上級クラスの授業においては、教科書本文の朗読中に発音と声調の間違いを直すだけでなく、同時に作文を通じて、各課で学ぶ成語・ことわざを習得し、更に会話の中で実際に応用できるようにします。) 

 

Q:中国語の魅力や奥深さは?「中国語はここが面白い!」と思う所は?

 ―― 汉语是一种具有独特魅力的语言文学。汉语的字体千姿百态,富有造型。汉语的词汇丰富多彩,蕴藏着几千年的历史和文化。汉语的语言美更体现在其用词上可华丽、可朴实、可深邃、可通俗。

例如:著名女作家张爱玲的散文《天才梦》中最后一句名言,“生命是一袭华美的袍,爬满了蚤子”。

字面意:生命就像是一袭华美的袍,但却爬满了蚤子

含义:生命的景观是华美的,美得就像一袭华美的袍。但人生又不可能是完美的,会被这样那样的烦恼所缠绕,像那小小的蚤子一样,藏在这里那里,无法撇清,为生命填添了几分灰暗、烦恼、怨气。这一句话揭示了生命的既美丽又充满曲折的复杂性。

中国語は独特の魅力を備えた言語・文学です。中国語の字形・書体は千差万別、造型に富んでいます。中国語の語彙は豊かで多彩であり、その中に数千年の歴史と文化を潜ませています。中国語の美しさは、語句を使う際によりよく現れますが、華やかに美しくすることもできれば、飾り気なく素朴にすることもでき、奥深くもできれば、また大衆向きにすることもできます。

例えば、著名な女流作家である張愛玲の散文『天才夢』の最後の名言に「命は1つの華やかで美しいガウン。ノミがいっぱいにたかっている」というのがあります。

表面上の意味:命はまるで派手な衣装のよう,しかしノミだらけだ。

含まれている意味:命の見た目は華麗で、ゴージャスなガウンのように美しい。しかし人生に完璧はありえず、あれやこれやの悩みに縛られている。それはあのちっぽけなノミと同じで、あちこちに隠れ、追い払うことはできない。命のために、薄暗さ・悩み・恨みといったマイナス部分を埋めてくれることもあれば,またこれらを付け加えてしまうこともある。命は美しくもあり、また変化に満ちてもいるという複雑さを、この言葉は指摘しています。)

 

Q:先生ご自身が日本語を学ぶ時に有効だった学習方法は?

 ―― 在日语学习中我个人认为首先注重的应该是模仿,不死记硬背。其次寻找机会与日本人聊天儿,在交流中不仅可以体味日语特有的语感和表达方式,同时还能发现自己的错误并及时纠正。更为重要的是要知悉日本的风俗习惯。了解得越多,词语的领会程度才会越深。

(日本語を学ぶ中で、まず重きを置くべきはまねることだと私は思うので、丸暗記はしません。次に、チャンスを見つけて日本人とおしゃべりします。交流する中で日本語特有のニュアンスや表現方法を体得できるだけでなく、同時に自分の間違いを発見し、すぐに直すこともできます。更に大切なのは、日本の風俗習慣を知ることです。よく理解してこそ、語句の理解度も深くなります。)

 

Q:日本語での失敗体験を一つ教えてください!

 ―― 日语有的地方是长音,如果发短的话意思就完全变了。比如说,「ビール」和「ビル」,刚学日语的时候本想点饮料却说成「ビル」,看到服务员茫然的表情才知道自己发错音了。

(日本語には長音が入る場合があり、もし短く発音すればその意味は完全に変わってしまいます。例えば「ビール」と「ビル」です。日本語を学び始めたばかりの時、もともと飲み物を注文したかったのに「ビル」と言ってしまったことがあり、店員さんのぼう然とした表情を見て、自分の発音が間違ったことにやっと気付きました。)

 

Q:中国語学習者へのアドバイスをお願いします。

 ―― ・通过跟读的方式尽量模仿正确的音调,多听多说多练习,提高口语会话能力。

    ・可以通过看中国的电视剧或者新闻节目提高听力并扩大词汇量。

    ・不要总是在脑子里中翻日、日翻中,学会在会话中理解整个句子的意思。

    ・通过造句或写作文,复习消化所学的词汇和语法,同时还要及时应用。

(・シャドーイングの方法を通して、正確なイントネーションをできるだけまねして下さい。たくさん聴き、たくさん話し、たくさん練習して、会話力を向上させて下さい。

 ・中国のTVドラマあるいはニュース番組を見てリスニング能力を向上させ、語彙を増やして下さい。

 ・いつも頭の中で中文日訳・日文中訳するのではなく、会話の中で文まるごとの意味を理解することをマスターして下さい。

 ・フレーズを作る練習や作文を通して、学んだ語彙・文法を復習してものにし、同時にそれらをふさわしいタイミングで使ってみて下さい。)

 

一问一答

Q:好きな中国茶&中国のお菓子は?

 ―― 铁观音。稻香村的枣泥花。(鉄観音茶。稲香村[中国菓子の老舗]のナツメあんのお菓子)

Q:日本で一番好きなおやつは?

 ―― 抹茶豆。(抹茶豆)

Q:いま夢中になっていることや,いったん始めたら時間を忘れて取り組んでしまうことは?

 ―― 学弹钢琴。(ピアノの練習)

Q:長い休みがあったらやってみたいことは?

 ―― 周游世界。(世界一周)

Q:会ってみたい歴史上 の人物は?

 ―― 张爱玲(張愛玲)

Q:日本人にぜひ知ってほしい中国の食べものは?

 ――  千层饼。(小麦粉で作ったクレープ生地を層状に焼き上げたお菓子)

Q:おすすめのコトバ

 ――   三人行,必有我师焉。(孔子)(3人行えば、その中に必ず我が師あり。孔子『論語』より) 

 

02 丁安洁老师

 

Q:中国語を教える時,特に熱の入る所や,つい厳しく指導してしまう所は? その具体的な場面は?

 ―― 要求学生每堂课每个人都要说一段即兴的事,内容不限。刚来到班里的新生担心自己说不好,总是先写在本子上,上课念。这时我总是对学生说,请合上本子,请用你自己想到的话说出来。

(受講生さんに毎回の授業で1人ずつ、興味のあることを話してもらいます。内容は問いません。新しくクラスに入ったばかりの受講生さんはうまく話せないのが心配で、いつも話すことをノートに書いてきて、授業で読み上げますが、こういう時私はいつも受講生さんに、ノートは閉じてもらい、自分の思いついたことを話して下さいとお願いしています。) 

                  
  pickup先生

Q:中国語の魅力や奥深さは?「中国語はここが面白い!」と思う所は?

 ―― 使用中文的国家不仅仅是中国。马来西亚,新加坡,台湾,香港,澳门都有相当的人口使用中文。不过最近我发现很多国家,都有很多华人长期居住。连非洲也不例外。所以在语言不通的国家,只要找到中餐厅,进去用中文打听,就会得到很多旅行指南。

(中国語を使用する国は中国だけではありません。マレーシア・シンガポール・台湾・香港・マカオなど、相当数の人口が中国語を使用しています。しかし、最近気付いたのですが、多くの国では、たくさんの華人(中国人)が長期的に生活していますね。アフリカでさえも例外ではありません。そのため、言葉が通じない国では、中華料理屋を見つけて、中国語でものを尋ねさえすれば、多くの旅行案内が得られます。)

 

 

Q:先生ご自身が日本語を学ぶ時に有効だった学習方法は?

 ―― 我没有受过正规的日语教育,刚到日本时,我曾经大量背过日语文章,觉得很有收获。另外每天回到家就打开电视,做饭时,吃饭时,打扫卫生时.......总能听到日语。先从听开始,然后模仿日语句子,然后才是学会写。

(私は正規の日本語教育を受けていません。日本に来たばかりの時は、大量の日本語の文章を暗記したものです。たくさんの収穫があったと思います。そのほかに、毎日帰宅したらテレビをつけて、ご飯を作っている時、食事している時、掃除をしている時など、いつも日本語が聞こえていました。まず聞くことから始めました。それから日本語の文をまねし、それからやっと書くことを習得しました。)

 

Q:日本語での失敗体験を一つ教えてください!

 ―― 「巻き戻し」和「戻る」我分不清,想让学生把录像带「巻き戻し」,可是当我进视听教室的时候,教室里一个人也没有!大家都回教室去了。

(「巻き戻し」と「戻る」が私は区別できません。学生にビデオを「巻き戻し」てほしかったのですが、私が視聴覚教室に入った時、教室内には(学生が)1人もいませんでした。みんな自分の教室に戻って行ってしまったのです。)

 

Q:中国語学習者へのアドバイスをお願いします。

 ―― 我个人的体会,不一定正确。我觉得语言先要从敢说,敢模仿开始。要有一种“脸皮厚”的精神。上课时有一点儿不懂的地方也要问老师,不能忍着不问。语言从“一”开始学最好,但是从“十”开始学也不是不可以。

(私個人の経験が正しいとは限りません。言葉の学習はまず思い切って話すこと、思い切ってまねることから始めるのが大切だと思います。「面の皮を厚くする」という気持ちが必要です。授業中に少しでも分からない点があれば先生に聞く、聞かないで辛抱していてはいけません。言葉は「一」から習い始めるのが一番ですが、「十」から習い始めてもいけないことはありません。)

 

一问一答

Q:好きな中国茶&中国のお菓子は?

 ―― 茉莉花茶&月饼。(ジャスミン茶&月餅)

Q:日本で一番好きなおやつは?

 ―― 喜欢日本产巧克力。(日本製のチョコレートが好き)

Q:いま夢中になっていることや,いったん始めたら時間を忘れて取り組んでしまうことは?

 ―― 收拾我的家,把不需要的,或一年以上不用的衣物统统处分掉,家里的空间大了,感到很舒适。

(自分の家の中を掃除している時、要らない物あるいは1年以上着ていない衣類を全て処分して、家の中のスペースが広くなったら、とてもすっきりします)

Q:長い休みがあったらやってみたいことは?

 ―― 去我没去过的国家。(行ったことのない国へ行きます)

Q:会ってみたい歴史上 の人物は?

 ―― 杨朔(楊朔:中国の小説家)

Q:日本人にぜひ知ってほしい中国の食べものは?

 ―― 北京烤鸭。(北京ダック)

Q:おすすめのコトバ

 ――  我行我素。出自《礼记》(他人がなんと言おうと私は私のこれまでのやり方でやる。『礼記』より) 

 

01 李爱花老师

 

Q:中国語を教える時,特に熱の入る所や,つい厳しく指導してしまう所は? その具体的な場面は?

 ―― 第一,特别注重母音的发音和声调,先说明发音要点并示范,接下来让学生模仿老师的发音,再一一检查和纠正。有时发不好一个发音当场重复5、6遍。第二,大声朗读。不仅上课注重大声朗读,而且课后作业是每天用正确的发音来至少朗读30遍。回家以后站在镜子前边看着自己的嘴型反复练习发音。

講師インタビュー

(第1に,母音の発音と声調をとりわけ大事にしています。まず発音のポイントを説明してお手本を見せ,それから受講生に講師の発音をまねしてもらって,1つ1つ確認し修正します。ちゃんと発音できない音は,時にはその場で5-6回繰り返してもらいます。第2に,大きな声で朗読してもらいます。授業で大きな声で朗読することに重きをおくだけでなく,宿題でも毎日正しい発音で少なくとも30回は朗読してもらいます。帰宅してからは鏡の前に立って自分の口の形を見ながら発音練習を繰り返してもらいます) 

 

Q:中国語の魅力や奥深さは?「中国語はここが面白い!」と思う所は?

 ―― 声调和各种补语。我的名言:“征服补语,就能征服汉语。"(笑)汉语的补语决定汉语的特征。即是否能运用好补语,将决定你的汉语水平。

(声調といろいろな補語です。私の名言は「補語を制す者は,中国語を制す」です(笑)。中国語の補語は中国語の特徴を決定づけています。すなわち,補語を上手に使うことができるか否かが,その人の中国語のレベルを決めるのです)

如:情态补语(例えば様態補語[動作のありさまがどうである])

・「彼女は歌がうまい」:她唱歌唱得很好。(彼女は歌を歌うありさまがよい)

・「中国ではいかがお過ごしですか」:在中国过得怎么样?(中国で過ごすありさまはどうか)

 

Q:先生ご自身が日本語を学ぶ時に有効だった学習方法は?

 ―― 模仿日本人说话。无论在什么地方,始终用自己的耳朵敏感地意识和注意到日本人的表达方法。之后自己实践。比如:坐电车的时候,注意听日本人说话。我不是在偷听人家说话(哈哈哈),而是对日本人的说话方式和措辞表达感兴趣。

(日本人の話し方をまねすることです。どこにいても終始、自分の耳を敏感にして,日本人の表現方法に意識を向け注意します。そして自分で実践します。例えば,電車に乗っている時,日本人の話を注意深く聞きます。盗み聞きしているわけではありませんよ(ははは),日本人の話し方と言葉遣いに興味があるのです)

 

Q:日本語での失敗体験を一つ教えてください!

 ―― 大家一定要注意“信以为是”!!我因为所谓的“信以为是”说错过很多日语。比如:想说:「香ばしい」,但一直以为“香”的发音是「このましい」。来日本很多年一直说错。很惭愧!!

(皆さん「思い込み」には重々ご注意下さいね。私はいわゆる「思い込み」でたくさんの日本語を言い間違えたことがあります。例えば「香ばしい」と言いたかったのですが,ずっと“香”の発音は「このましい」だと思っていました。日本に来て何年もたつのにずっと言い間違えていて,とても恥ずかしかった!)

 

Q:中国語学習者へのアドバイスをお願いします。

 ―― ・坚持死守正确发音和反反复复大声朗读。 

    ・不怕错,错了就改,拼命朗读,直到记住!!

发音是学习中文的基础的基础。即最根本所在。如果发音不好,就不要谈学习中文了。大声朗读,朗读,就是“念出来”。它是一个双重记忆的过程,即念和听。切记!!! 学习语言没有所谓的捷径。反复念、反复记、反复说就是它的捷径。

(正しく発音することをとことん守ることと,大きな声で繰り返し朗読することです。間違いを恐れず,間違えたら修正する,覚えるまで一生懸命朗読することです。発音は中国語学習の基礎中の基礎です。すなわち一番の基礎がそこにあります。もし発音が悪ければ,中国語を学ぶなどと言ってはなりません。大きな声で朗読する,朗読とはつまり「声に出す」ことです。それは二重記憶のプロセスであり,声に出すことと聞くことなのです。ぜひお忘れなく!言葉の学習に近道はありません。繰り返し声に出し,繰り返し覚え,繰り返し話すことこそが近道なのです)

 

一问一答

Q:好きな中国茶&中国のお菓子は?

 ―― 花茶&山楂片。(ジャスミン茶&サンザシのフレーク)

Q:日本で一番好きなおやつは?

 ―― 零食干海带。(おしゃぶり昆布)

Q:いま夢中になっていることや,いったん始めたら時間を忘れて取り組んでしまうことは?

 ―― 工作。但我不是“工作狂”。(仕事。でも私は「仕事魔」ではありません)

Q:長い休みがあったらやってみたいことは?

 ―― 坐和平船。(ピースボートに乗ること)

Q:会ってみたい歴史上 の人物は?

 ―― 周恩来总理(周恩来総理)

Q:日本人にぜひ知ってほしい中国の食べものは?

 ―― 麻辣烫。(春雨と肉・魚介・野菜などの激辛鍋料理)

Q:おすすめのコトバ

 ―― 好好学习、天天向上。[毛泽东](しっかり勉強して,毎日進歩があるように[毛沢東])  

page_top