東亜学院TOP > 中国語学校 > 中国語の世界 > 「道案内中国語」

道案内中国語

 

 近年の日本ブームのおかげか、大きな荷物を抱えた外国からのお客さまをあちらこちらでよく見かけます。順調に楽しんでいらっしゃる間はいいのですが、時にちょっとお困りの様子も。スーツケースを抱え階段下で立ち往生、複雑な駅構内でメモを片手に呆然、路線図を見上げ途方に暮れて…。

 

 そんな時、旅行者さんから中国語らしき音が聞こえたら? ちょっとお節介かもしれないけれど、声を掛けたくなってしまう。でも、なんて言ったらいいか分からない…この表現で正しいか心配になって、結局その方を横目に見ながら、気になりつつも通り過ぎる…。

 

こんな時のお助けフレーズを、難易度を分けて2-3文、場面ごとにまとめ、毎月1回×1年間掲載します。

 

最終回「中国のどちらから?」          2020.9.14

道を聞かれ、言葉や身振り手振りではとても説明できないとき、あるいは、ちょうど同じ方向へ向かうとき、無言で歩き続けるのもちょっと気まずい。そんな時の雑談の定番フレーズを少々。

                            [本文はこちらからどうぞ] 

 

第8回「ここはJRの改札じゃありません」          2020.8.12

JR、東京メトロ、京成線が乗り入れ、何路線も走っている上野駅。改札口も鉄道会社ごとにも違います。また、乗り換え通路や駅名、路線が複雑な東京の地下鉄。そんな駅で道案内をしなければならなくなったら………

                            [本文はこちらからどうぞ] 

 

第7回「ちょっと詰めていただけませんか」          2020.7.14

最近の電車には、車椅子用のスペースがありますね。すいていればともかく、混雑時はそこまでたどり着くのも一苦労ということ、ままあります。

 

ある日の帰宅ラッシュちょっと前。やや混み始め、車椅子用スペースにも人が立っていました。そこへ車椅子の若い女性と、友人らしい男性が乗ってきました………

                            [本文はこちらからどうぞ] 

 

第6回「エレベーターはあちらです」          2020.6.11

……「エレベーターはあちら(階段の向こう)にありますよ」と声を掛けたくなりました。…が、「エレベーター」って? とっさに浮かんだのは“电梯”diàntī。でも「梯」ははしご。じゃ“电梯”は「エスカレーター」?

………                            [本文はこちらからどうぞ] 

 

第5回「ここはスイカ使えませんよ」          2020.5.12

最近ではカードが使える範囲も増え、便利になりましたが、それでもどのカードがどこで使えるか戸惑うこともありましょう。中国の銀聯カード(“银联卡”Yínlián kǎ)やアリペイ(“支付宝”Zhīfùbǎo)が使える所もずいぶん増えました。店先でちょっと助け船が必要な時にさっと口にできたら…

………                            [本文はこちらからどうぞ] 

 

第4回「これは快速です。〇駅には止まりません」          2020.4.15

「各駅停車/鈍行」「快速/急行」。言葉の意味は分かっても、乗った電車が果たして目的の駅に停まるのか、慣れない路線なら誰しも迷うもの。中国語ではどう説明したらいいでしょう。………

                            [本文はこちらからどうぞ] 

 

第3回「あとふた駅です                            2020.3.10

筆者の実体験です。シートに並んで座る母娘らしき3人連れ。娘2人はひたすらスマホをいじり、ひと駅ごとに辺りをきょろきょろ。混雑した車内で、乗客の頭越しに到着駅を確認しているのでした。3つ過ぎてもまだ落ち着かない3人に、おせっかい(“爱管闲事”ài guǎn xiánshì)な筆者は耐えきれず ………

                            [本文はこちらからどうぞ] 

 

第2回「〇〇駅で乗り換えてください」                            2020.2.12

駅で路線図を眺め、途方に暮れている旅行者を見かけて “要帮忙吗?” Yào bāngmáng ma?(お手伝いしましょうか)と声をかけました。

 “想去晴空塔。” Xiǎng qù Qíngkōng tǎ.(スカイツリーに行きたい)とわかったら ………

                            [本文はこちらからどうぞ] 

 

第1回「お困りですか?」                                     2020.1.15

  駅やバス停で路線図とにらめっこの旅行者さん。

「どちらへ?」と声を掛けたいけれど、“您去哪儿?”Nín qù nǎr? ではぶしつけすぎる… 

「お困りですか」「お手伝いしましょうか」ってなんて言ったらいい? そんな時は ………

                            [本文はこちらからどうぞ] 

page_top