東亜学院TOP > 東亜学院とは

東亜学院とは

概要

 

 

赤坂霞山ビル

 
東亜学院で学び、日中交流の橋渡しを

東亜学院を運営する一般財団法人霞山会は、19世紀末のアジア情勢に対処して「東亜の保全と輯協」を目的として設立された東亜同文会を継承した日中学術交流団体です。

1967年に東亜学院中国語学校、2000年には東亜学院日本語学校を設立しました。

中国語学校は、「速成講座」(旧「実用中国語6か月速成」)講座をはじめ、早朝・夜間・土曜にレベル別講座を開講し、法人向け・個人向けのカスタマイズコースを設けています。また、中国語カラオケ・ミニレッスン、中国セミナー開催など、中国語学習を様々な角度からサポートしています。

日本語学校は、中国人留学生を受け入れ、希望する高等教育機関に進学するための日本語教育を実施しています。 中国語学校と日本語学校が同じ校舎内にある利点を生かし、語学教育だけにとどまらず様々な日中交流の機会を設けています。

東亜学院のあゆみ

1948年 財団法人霞山倶楽部設立(1958年に霞山会と改称)

1964年 虎ノ門の霞山ビルで中国語講習会開始

1967年 東亜学院設立(中国語教育)

2000年 東亜学院日本語学校設立

2005年 赤坂に移転

2013年 一般財団法人に移行

 

一般財団法人霞山会の歴史についてはこちらをご覧ください。

   
   

   

  

page_top